電話でのご相談予約はこちら

0120-49-5225

平日9:30〜21:00 /土日祝 9:30〜18:00

メールでのご相談予約はこちら お問い合わせフォーム 24時間・365日受付

メニュー メニュー

海難事故(水難事故)問題を
長崎の弁護士に相談

こんなことでお困りではありませんか?

  • 海や湖沼、河川において、他の船舶に衝突されてケガをしてしまったので、相手方に対して治療費などの損害賠償請求をしたい。
  • プレジャーボートで事故を起こし、自分も相手方もケガをしてしまったが、相手側との交渉をどのように進めればよいかわからない。
  • 水上バイクで船と衝突し、ケガをしてしまったため仕事を休むことになり困っている。
  • 客として釣り船に乗船中、船長の操船ミスで事故が起き骨折した。後遺障害が残りそうにもかかわらず、保険会社からは治療費の打ち切りを求められてしまった。
  • ラフティング、キャニオニング、カヤックなどの体験コースに参加中、注意事項を守っていたのにもかかわらずケガをしてしまった。
長崎、伊王島

イメージ:伊王島

プレジャーボート、ヨット、ジェットスキーなどの船舶による海での事故は、沈没や座礁、他の船舶との衝突など、海上ならではの特性があり、ケガや船舶自体の損害にとどまらず、救助費用、衝突による相手側の船舶や積荷への損害賠償責任など、海難事故特有の事案も発生します。
またラフティングやキャニオニング、カヤックなどの河川、湖沼で行うレジャー中に発生した事故の損害賠償請求についても、運営会社や保険会社を相手にどのように交渉を進めればよいのか悩ましいものです。
べリーベスト法律事務所では、事故案件の実績豊富な弁護士を中心に、パラリーガル(法律事務員)、医療知識豊富なメディカルコーディネーターで構成された事故専門チームが、保険会社や相手側との交渉、訴訟に対応いたします。

船舶の衝突事故などの水の事故における損害賠償被請求に対応します

  • 海難事故(水難事故)事故によって、相手にケガを負わされてしまった場合の対応
  • 所有する船舶等が漁船(漁具)や商用船に損害を負わされた際の対応
  • 水のレジャー(ラフティング、キャニオニング、カヤック)中の事故でケガを負った場合の運営会社や保険会社との交渉

海難事故(水難事故)問題をベリーベスト法律事務所に依頼する6つの理由

  • 01
    事故専門チームが対応
  • 02
    全国61拠点
  • 03
    初回相談60分無料・着手金無料
  • 04
    交渉などを弁護士に全て任せられる!
  • 05
    慰謝料の増額交渉
  • 06
    後遺障害の適切な主張


長崎で海難事故(水難事故)のご相談をお考えの方へ

長崎県周辺にお住まいの方が、海難事故(水難事故)の被害に遭ってしまった場合は、ベリーベスト法律事務所 長崎オフィスにご相談ください。

長崎県は、三方が海に囲まれているだけではなく、多くの島を有しています。そのため、マリンスポーツや釣りなど、水のレジャーが盛んです。たとえば諫早などの大村湾沿いでシュノーケリングやカヤックなどを体験したり、伊王島や対馬まで足を延ばして水上バイク・バナナボート・水上バイク・ウェイクボードなどを楽しんだりしている方も多いのではないでしょうか。
また、漁獲量は全国でもトップクラスであり、沿岸漁業や沖合漁業、海面養殖業も盛んです。

このように、長崎は海との関わりが非常に深い県であるからこそ、海難事故(水難事故)の危険とも隣り合わせであることを覚えておく必要があります。

自然を相手にするマリンスポーツは、熟練者の方であっても、時に予期せぬアクシデントに見舞わることがあります。
また、船舶で航行している最中に、漁船などの他の船舶と衝突するといった事故に巻き込まれることもあるでしょう。海上で事故が発生すると、船が大破し、乗員が海に投げ出されるおそれもあります。

海難事故の救助には長い時間がかかることも多く、残念ながら命を落としてしまうこともあります。そのため、「常に危険と隣り合わせである」という意識を持っておくことが大切です。

もし海難事故に遭ってしまった場合、加害者に対する損害賠償請求をご検討ください。
ケガの治療費・休業損害・後遺障害慰謝料・逸失利益などの人身損害や、事業者の方であれば船の修理費用・積荷損害・営業利益などの損失についても、損害賠償請求の対象に含まれます。
事故によって負ったケガや精神的なダメージが消えるわけではありませんが、しっかりと請求を行うことで、元の生活に戻るための足掛かりを得ることにつながります。

海難事故の損害賠償請求を適切に行うためには、弁護士へ相談いただくことが有効です。
弁護士は、加害者側との示談交渉や訴訟手続きについて、必要となる手続きを全面的に代行・サポートいたします。また、海上衝突予防法・海上交通安全法・港則法など、一般の方にはなじみの薄い法律についても、十分な知識と実務経験を備えた弁護士が丁寧に検討を行うことで、正当な損害賠償を受けられる可能性が高まります。

ベリーベスト法律事務所では、弁護士・パラリーガル(法律事務員)・医療知識豊富なメディカルコーディネーターなどから構成される「事故専門チーム」が、海難事故の被害者救済を強力にバックアップいたします。

長崎県内で海難事故(水難事故)に巻き込まれてしまった方は、ぜひベリーベスト法律事務所 長崎オフィスの弁護士にご相談ください。

お気軽にお問い合わせください ご相談の予約はこちら

長崎オフィスの主なご相談エリア

長崎市、佐世保市、島原市、諫早市、大村市、平戸市、松浦市、対馬市、壱岐市、五島市、西海市、雲仙市、南島原市、長与町、時津町、東彼杵町、川棚町、波佐見町、小値賀町、佐々町、新上五島町、およびその他近隣地域にお住いの方

ページ
トップへ